ENTERTAINERS!

クラウンみっきー
クラウンみっきー

 <略歴>
2005年 イタリアのクラウン、ジネーブラ・サングィーニョ笑いのワークショップに参加
クラウン(道化師)の魅力に取りつかれ、各地で活動を開始
愛知万博瀬戸会場閉会式に出演
2006年 アメリカウィスコンシン州ClownCamp参加/タイ・バンコクにてパフォーマンス
2007年 アメリカカリフォルニア州 CampWinnaRainbow参加
2008年 フィリピンChirdren International ‘STEP’に出演/モンゴルサーカス夏公演に出演・留学。アクロバットとクラウ二ングを学ぶ。アジアを中心に各国を回りパフォーマンス活動を行う
2011年 日本フェイスペイント協会 フェイス&ボディペイント検定2級取得
2011年〜2012年 劇団飛行船ミュージカル「ピノッキオ」に俳優兼パフォーマーとして 準主演で一年間全国公演に出演/台湾での追加公演も決定


★他ジャンルのパフォーマーとのコラボレーション、ジャンルの枠にとらわれない活動を行う
現在は主に東海4県を中心に、日本全国で活動中★

株式会社melmic
『Inspire you to a Sparkling Life!』
 音楽に合わせて仲間と体を動かし、体感したことから学びを引き出すプログラムを提供。企業での人材開発研修の実施や、イベントでのフラッシュモブの企画運営などを行う。
「隣の人と呼吸や動作のリズムをあわせると、ぐっと心の距離が近くなる♪」
「自分の殻を打ち破って、新しいことにチャレンジできた☆」
「仲間と協力して、ひとつのことに打ち込み、感動した!」
など、ダンス未経験者でも取り組めるように、ラジオ体操レベルの簡単な動きから始めていつの間にか笑顔が溢れる、無理なく楽しめるプログラムが好評。

ボサノバデュオ 江戸仕草


バンド名の由来 江戸時代に花咲いた新内、都々逸といった日本文化と現在のブラジルで生まれたボサノバに『粋』という共通性を見出し江戸仕草と命名。
本来は江戸思草であるが、『粋』を歌と楽器で表現したいという気持ちから江戸仕草としました。

ボーカル:アッコ(左)
音大生当時クラッシックを勉強している耳にはボサノバの響きはとても新鮮で、「中南米音楽」という雑誌を購読するうちにブラジル音楽にはまりました。
ボサノバは詞が哲学的な歌が多くメロディの美しさもさることながら詞から人生を感じ学ぶこともできるところが魅力のひとつでもあります。

ギター:アンジェロ(右)
10歳の時叔父の影響でクラッシックギターを始める。
高校時代にジョアンジルベルトを初めて聞きボサノバに魅せられる

TAKAMASA MATSUURA
TAKAMASA MATSUURA

MC: 松浦貴昌
NPO法人ブラストビート代表

・新潟→名古屋→東京・1978年生 A型
・16歳からバンドを始め、全国ツアーやDVD・CDリリース経験し、26歳にバンドを脱退。学歴なし、お金なし、繋がりなしの状態から再スタート。(その間、職種は30以上)
・大前研一のアタッカーズビジネススクール・19期ビジネス構想力と戦略シミュレーション講座受講 卒塾。
・アタッカーズビジネススクール事務局スタッフを経て、バンド脱退から14ヶ月後にWEBマーケティング会社「株式会社フィールビート」を設立 代表取締役就任
・カンボジア、ミャンマー、スリランカの国際人道支援NPO「セアログローバルハーモニージャパン」に参画。
・カンボジア語、日本語、英語でかかれた「こころの絵本 2ひきのへび」を出版。(こころの絵本プロジェクト)
・ビジネスマンの仲間とフィリピンの子どもたちに学校をプレゼントする。(D-Schoolプロジェクト)
・2009年8月より、NPOブラストビート立ち上げ中
・趣味は、盆栽・ガーデニング、瞑想、マラソン、ベース演奏。

HIKARU HIE
HIKARU HIE

MC: 樋栄ひかる

学びeducationと遊びentertainmentをかけ合せた目からウロコのエデュテイメント(edutainment)なプログラムを全国各地&世界をまわるノマドな場のデザイナー。
参加者のココロを瞬時につかむ能力には定評があり、人呼んで、“アイスブレイクの魔法使い”!
どんなイベントもそのテーマや企画から主催者の望むイメージをイメージ以上のものに創る力は参加者から次の依頼を受けるほど。

HP: http://ena-comm.com/

Facebook: https://www.facebook.com/hikaruhie

Twitter: hikaruhie